« 20150718-20:野麦峠 de キャンプ | Main | 20150926-27:尾瀬 トレッキングとキャンプ »

20150905-6:尾瀬キャンプ(燧ヶ岳登山)

8月の終わりから続いていた雨模様の天気が、ようやく週末に晴れるという予報が出た。8月は車の納車や帰省などで、なかなか外遊びが出来ずにいた。少しづつ新しい車にも慣れてきたので、折角の天気を無駄にしないよう、外遊びに出かける事にした。
場所は、尾瀬。今年はまだ一度しか行っていない。どうせ行くなら、山も登ってみたい。という事で、今回は大清水から入り、尾瀬沼を経由し燧ケ岳に登るコースとした。宿泊は尾瀬沼ヒュッテのキャンプ場に泊まるつもりだ。前回の見晴キャンプ場では、混雑の中、3時過ぎから起こされてしまった。尾瀬沼のキャンプ場はウッドデッキの上に区切られたサイトで、その点は安心だ。

前日は、新しい車の車中泊も試してみようと、夜の出発とした。赤城パーキングエリアに着いたのは12時前。ここで車中泊だ。今度の車はシートがフラットにならない。そこでリアシートをたたみ荷室をフラットにし、そこに寝るのである。シュラフに包まると、あっという間に寝てしまった。この車でもなんとかなりそうだ。

目が覚めたのは3時半ころ。それから、赤城高原でシャキッとさせ大清水へ向かった。まだ、道路もコンビニもガラガラだった。大清水にはようやく薄っすらと明るくなりだした5時頃だった。

ここで装備を再確認し、いよいよ尾瀬だ。今回は、大清水から一ノ瀬小屋まで乗合タクシーを使った。今年から正式運行だ。これで片道一時間程の節約になる。

Img_0476

今回のスタート、一ノ瀬小屋

一ノ瀬から歩き始めた。途中の湧き水でのどを潤し、一気に尾瀬沼まで歩いた。尾瀬沼ヒュッテで不要な荷物を置いていこうとしたら「キャンプ泊の荷物は預かりません。」と張り紙があった。(;д;) 仕方ないので、ビジターセンターのロッカーに荷物を置いて燧ケ岳へ向かった。

Img_0490

燧ケ岳の登り始めは森林帯を行くのだが、道がぬかるんでいて歩きにくい。ここを辛抱して進むと、やがて尾瀬沼が望めるようになってくる。そして一気に開けるポイントに出る。ここからの眺めは素晴らしい。尾瀬沼を眼下に見下ろし、後ろに燧ケ岳が迫る。

Img_4359

燧ヶ岳

ここで一休みすると、最後の登りに取り掛かった。最後の岩場を登ると山頂だ。尾瀬沼がときおり押し寄せるガスの中ではっきりと見渡せた。でも、チョット寒かったけど。

Img_0507

Img_4383

尾瀬ヶ原

Img_4384

尾瀬沼

山を降りるとキャンプ場の受付を済ませテントを設営した。設営を完了したのは2時過ぎだった。それから、写真を撮りに出かけたり、売店のテラスでビールを飲んで過ごした。明るいうちに食事を済ませ、テントに入ると7時前には寝ていたのである。

Img_4471

今回のテントサイト

Img_4414

こんな売店もありますよ

Img_4417

燧ヶ岳

Img_4431

大江湿原

翌朝、テントを抜け出すと雨が降った跡があった。ウッドデッキはすっかり濡れていたが雨は降っていない。軽く朝食を済ませると撤収である。デッキが濡れているとは言え撤収は楽だ。撤収を終えると一ノ瀬小屋へ向けて尾瀬沼を後にした。一ノ瀬から9時の乗合タクシーに乗り車まで戻った。それから戸倉温泉で汗を流して帰宅したのである。

久々の尾瀬、最高だぜ。

【いつものとおり尾瀬で見た花たち】

Img_4344

Img_4345

Img_4346

Img_4349

Img_4385

Img_4390

Img_4391

Img_4392

Img_4408


おしまい。

|
|

« 20150718-20:野麦峠 de キャンプ | Main | 20150926-27:尾瀬 トレッキングとキャンプ »

「キャンプ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/62736285

Listed below are links to weblogs that reference 20150905-6:尾瀬キャンプ(燧ヶ岳登山):

« 20150718-20:野麦峠 de キャンプ | Main | 20150926-27:尾瀬 トレッキングとキャンプ »