October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 20140920-22:長崎旅行 | Main | 20141011-12:八ヶ岳 赤岳登山 »

October 26, 2014

20140927-28:北アルプス 唐松岳 登山

金曜日は所要で佐久に出かけた。それを済ませると週末だ。この週末は天気はもちそうだ。
ならばと、前々から考えていた北アルプスに出かけることにした。もちろん、登山だ。場所は、初心者向けの唐松岳。八方池からさらに登ること数時間でつく。ちょうど八方尾根では紅葉が始まったとテレビで言っていた。

金曜日は近くの日帰り温泉でさっぱりすると、安曇野の道の駅まで向かった。道の駅に着くと0時を過ぎていた。駐車場には車中泊らしき車が多く止まっていた。自分も早速シュラフに包まって寝てしまった。目が覚めたのは4時前だ。自分の車の前に止めてある車の横には小さなテントがたてられていた。昨晩遅く到着して寝ているんだろう。静かに出発の準備をして道の駅を出た。辺りはまだ真っ暗だ。ナビが示す情報を頼りに車をすすめた。

今回の入山口は黒菱平だ。白馬ののペンション街を抜け、林道をどんどん登っていく。最初は眼下に白馬の夜景も見えていたが、やがてガスがかかってきてまったく視界が効かなくなった。視界が効かない中、更に進むと急に多くの車が止まっている駐車場に出た。ここが終点の駐車場だ。まだ暗い中、開いているエリアに車を止め、一息ついた。外はようやく白々と夜が明けてきたが辺りはガスでおおわれていた。うだうだと準備を進めるうちに、どんどん車が上がってきて瞬く間に駐車スペースが無くなっていった。

Img_2251

まずは、リフトを乗り継いで八方池山荘まで登る。ここまでは何の苦も無く来れるのだ。黒菱リフトを登ったところ(黒菱平)で、色づく木々がすばらしかった。ちょうど紅葉だ。ここで、既に「来て良かった」感、いっぱいだ。(*^-^)

Img_2254

Img_2259

黒菱平の紅葉

八方池山荘では、ちょうど雲海の上に出て、青い空と雲海が広がっていた。これまた息を呑むような光景だ。八方池山荘の裏側からは白馬三山とそれに続く山々が見えた。最高だ。

Img_2270

Img_2276

ゆっくり登ること90分程度で八方池へ到着した。既に多くの人で賑わっていた。八方池越しに眺める白馬三山が特に良いらしい。あまりの人の多さにちょっと休憩して先へ行くことにした。ここから先は初めて歩くところだ。大きなザックを背に汗を流しながら足を進めた。時折吹く風が気持ちよかった。

Img_2313

鹿島槍ヶ岳も見える

Img_2323

八方池です

Img_2331

丸山ケルンに到着した。ここから先は八方池は見えなくなる。更に森林帯を抜けしばらく進むと雪渓が見えてきた。すっかり小さくなっているがまだ残っているのだ。しばらく急な登りを進むとやがて緩やかな登りに変わってくる。景色は都度変化して決して飽きる事は無い。やがて、唯一の鎖場を抜けると小屋が見えてくる。唐松岳頂上山荘だ。

Img_2365

まずは受付でテン場の受付を済ませた。ここのテン場は山荘前の斜面を下ったところにあり、小さなテントスペースが点々と配置されている。当然、先に行けばいくほど下にさがるので、トイレの際は坂を上らねばならない。既に山荘に近い部分はテントが張られている。中間地点でちょうど良い場所を見つけ、そこにテントを張った。風の遮りもよく、目の前には唐松岳などが望める場所だ。しかし、山荘内のトイレまでは坂道を5分以上も登らねばならず、結構しんどいのだ。

Img_2390

下に見えるのがテン場

Img_2376

ここがテントサイト

テントを設営すると、唐松岳の山頂まで出かけた。山頂までは約20分。しかし、午後の天気はあいまい。既に辺りは白い雲に覆われ、まったく展望は効かなかった。

Img_2401

山頂

Img_2405

山頂から戻るとお決まりのビールを買いに山荘へ行った。すると受付で皆が騒いでいた。なんでも御嶽山が噴火したと言うのだ。ちょっと信じがたかったがモニタには噴火の状況が映し出されていた。これが後ほど一大ニュースになるなんて思いもしなかった。ビールを頂くと、早々と食事を済ませシュラフにもぐりこんだのだった。

翌朝は、暗いうちから山頂をめざす人たちの足音で目が覚めた。雲は無い。既に山頂に向けランプの灯りが点々と続いていた。自分はカメラを持つと小屋の裏側の展望台へ上がった。こちらも多くの人たちが日の出を待っていた。やがて太陽が水平線に現れ、暖かなぬくもりを与えてくれた。遠く富士山や八ヶ岳が見えていた。

Img_2440

日の出

Img_2466

Img_2480

Img_2485

唐松岳

今日は山を下り自宅まで戻るのだ。ゆっくり撤収をすると唐松岳を後にした。景色を楽しみながら来た道を下っていった。八方池山荘に到着したのは9時過ぎだった。今日も天気は良いし紅葉もきれいだ。

Img_2516

丸山ケルン

Img_2542

車に戻ると、すぐ近くの温泉(北尾根の湯)に向かった。数人しか入れない小さなお風呂だが、真正面に白馬の山々が見える。天気もよく最高の眺めだった。
さっぱりしたところで自宅へ向かった。長野ICから高速に乗り自宅へ。帰宅したのは夕方前だった。また、是非行ってみたいところだ。

おしまい。

« 20140920-22:長崎旅行 | Main | 20141011-12:八ヶ岳 赤岳登山 »

登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 20140927-28:北アルプス 唐松岳 登山:

« 20140920-22:長崎旅行 | Main | 20141011-12:八ヶ岳 赤岳登山 »