« 20140614:吹上しょうぶ公園 | Main | 20140705-06:尾瀬(テントを担いで) »

June 25, 2014

20140621-22:尾瀬 (登山&キャンプ)

今年初めての尾瀬。今回もテントを担いでのキャンプである。
車で戸倉の駐車場についてビックリ。いつもより車が多いのである。余裕をもって早く来たつもりだったが、早速準備を済ませ鳩待峠へ向かう車に乗った。天気は時折薄日がさしている。午後には雨との予報もなんとか外れてほしいものだ。

Img_2787

朝の戸倉駐車場

鳩待峠ではそれぞれ準備を整えると山の鼻方面へ出発していく。自分は今日はいつもと違うコースだ。鳩待山荘の裏から登り始めるコース。今まで行ったことがない。スタートからいきなり登りである。まだ、体が慣れてないよ†、なんて思いながらゆっくり足を進めた。しばらくは林の中、まったく展望が効かず只々歩くのみ、歩くのみ。やがて林の中から一気に開けた所にでた。足下の湿原には水芭蕉も咲いていた。ここが横田代だ。尾瀬ヶ原と一味違う景色に言葉を失った。振り返れば至仏山が大きな姿を見せていた。ここまで誰とも会っていない。この景色、独り占めだ。そうそう、雲の上を歩くって表現、まさにそんな感覚だ。こんな景色がアヤメ平まで続くのである。いやぁいいコースだ。

Img_0813

横田代

Img_0811

水芭蕉たち

Img_0820

Img_0822

かすかに至仏山

Img_0838

アヤメ平

その後、富士見小屋へ向かった。富士見峠からのコース状況を確認するためだ。富士見峠から白尾山、皿伏山を経由して尾瀬沼へ向かおうと思っていたからだ。親父さんに確認すると、何人かが登って来ていて行けるはず。ただ、雪が残っている場所があり、道を見失わないように注意せよ。赤い目印を確認すること。これを聞いてこのコースを進むことにした。

Img_2812

富士見小屋

白尾山までは途中一箇所、雪が大きく道を塞ぐ所がある程度だった。 さらに先、皿伏山へ進む。ここからが曲者だった。まずは白尾山からの下り、急な斜面をどんどん下っていく。せっかく登ったのにどこまで下るんだよ、と思わせるように下る。まだ、この後皿伏山があるのに。ようやく下り切ると小さな湿原が現れた。ホッとする間も無く皿伏山の登りだ。林の中を登る。まったく展望が効かない。背中の荷物も肩に食い込んでくる。
そう言えば、富士見小屋から誰とも会っていない。不安になってくる。赤い目印を確認しながら足を進めた。なんとか皿伏山の山頂を確認した。まったく山頂らしくない山だ。ここから徐々に下りとなる。道は相変わらず林の中に続く。道には残雪が目立ってきた。日陰だからなかなか溶けないのだろう。だが、雪で道がわからなくなってきた。この事を小屋の親父が言っていたのだろう。赤い目印を確認したら次の目印を見つけてから動くことにした。慌てて動くとわからなくなる可能性がある。こうやって少しずつ進んで行ったのだった。正直、尾瀬沼が目の前に見えた時はホッとした。途中、大きな倒木が何本も道を塞いでいたが、慎重に乗り越えながら湖畔についた。遠くで雷が鳴りはじめていた。

Img_2818

白尾山山頂

Img_2819

皿伏山

Img_2820

皿伏山の残雪。道がわからない。

湖畔から尾瀬沼山荘を通ってようやく尾瀬沼ヒュッテに到着した。2時過ぎだった。
ここで受付を済ませ、さっそくテントを設営した。設営が終わる頃、雨が降り始めた。あわてて荷物をテントに放り込んだのだった。しばらく休んでいると雨が上がった。カメラを持って散策に出かけた。ビールを飲んだり、写真を撮ったりとゆっくりとした。

Img_0909

今回のサイト

Img_0861

尾瀬の一コマ

Img_0869

Img_0885

暗くなる前に軽く夕食を取り、そのあとはウィスキーを飲みながら本を読んだ。そのうち眠くなり、いつの間にか寝ていた。7時過ぎだと思う。
翌朝は雨の音で目覚めた。4時過ぎだ。しばらく様子を見ていたが止む気配はない。簡単に朝食を済ませると撤収だ。テントの中を片付け、その後テントを撤収。キャンプ場を出発したのは6時過ぎだった。雨の中、今日は帰るのみ。大清水からの始発バスに間に合うように歩いて行った。大清水から始発バスで戸倉へ向かい、そこで車に乗り、近くの温泉に寄って帰った。冷えた体に温泉が気持ちよかった。

尾瀬を堪能できた山行だった。


20140621map

今回のコース


【尾瀬の花たち】

Img_0854

Img_0857

Img_0858

Img_0859

Img_0860

Img_0885_2


おしまい

|
|

« 20140614:吹上しょうぶ公園 | Main | 20140705-06:尾瀬(テントを担いで) »

「登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/59877006

Listed below are links to weblogs that reference 20140621-22:尾瀬 (登山&キャンプ):

« 20140614:吹上しょうぶ公園 | Main | 20140705-06:尾瀬(テントを担いで) »