« 20130907-9:沼田と尾瀬(みたび尾瀬) | Main | 20130928-29:秋の駒出池(駒出池キャンプ場) »

September 23, 2013

20130914〜16:秋の須砂渡キャンプ(憩いの森オートキャンプ場)

■秋の3連休第一段

秋の3連休、紅葉にはちょっと早いけど、今までダムの放流が見れなかった黒四ダムへ行こうと須砂渡のキャンプ場に予約を入れた。今年からペットサイトも出来たので、従来のサイトとは違うエリアとなってしまった。折しも、大平洋上では台風18号が発生し、日本をめざして進んでいたのだった。天気予報によると上陸の可能性も示唆していたが、ここ須砂渡はそれほどの影響はないと勝手に判断していた。

当日は大きな渋滞もなく下仁田で高速を降りた。ここから内山峠へ向かう。ちょうどコスモスが咲いていて多くの人で賑わっていた。天気は曇り。まったく台風の到来は意識することもなかったのである。

Img_1882

コスモス

佐久平の蕎麦屋さんで昼食をいただき、そこから青木峠を経由して須砂渡へ向かった。

Img_1889

佐久の蕎麦屋、草笛

Img_1888

これで普通盛。いっぱいです。

青木峠の道は初めて通る道だった。山の中を行く、なかなか楽しい峠道だった。でも、二度と通ることはないでしょう。検索すればいろんな情報が...。

須砂渡には2時過ぎに到着した。管理棟でチャックインをすると連泊するかと聞かれた。台風を考慮し1泊で帰る人も多いのだそうだ。もちろん我々は予定通り連泊でチャックインしたのだった。
サイトははじめて指定された30番。奥まっていて良いのだが、サイトがちょっと傾斜しているのが残念だった。

Img_1911

今回のサイト

今回の装備はランブリとリビングシェルの組み合わせだ。設営時に多少の雨は降ったがすぐにあがってしまった。ますます台風なんてと言う気持ちになっていた。その夜、多少の雨が降ったが大したことはなかった。


■台風って、来るの?

翌日は天気を考慮し、もともとの予定だった黒部ダム行きは断念した。そこで、松本へ出かけることにしたのである。と言っても、松本城などの主要観光地へは過去に出かけていたので、今回はちょっと気取って美術館へ出かけてみることにした。雨はあいかわらず強く降っていた。
松本市美術館ではちょうどメアリーブレアの原画展を行っていて多くの人で賑わっていた。ここでゆっくりメアリーブレアの原画を楽しんだ。なんでも、ディズニーとも一緒に仕事をしていたとのことで、親しみをもって見学したのだった。(イッツ・ア・スモールワールドのデザインも手がけたんだそうな。)

Img_1896

入口にはこんなモニュメントが

Img_1909

美術館を出ると雨はすでに上がっていた。お昼も近くなってきたので安曇野へ戻った。天気はどんどん回復し青空まで出てきた。(台風は???)
その後、モンベルショップをのぞいたり、お焼き専門店でお焼きを仕入れたりしてからキャンプ場に戻った。このころから少しずつ雲が厚くなり始めていった。

キャンプ場へ戻り台風情報を確認すると、上陸の恐れありと伝えていた。ならば、片づけられるものは今のうちに車に積んでしまえと、荷物の整理を行った。
その夜、暗くなる頃から雨が降り始めた。

管理人のおじさんの話では、今晩は5組が残っているとのことだった。(好きだねぇ〜)


■台風と大雨の撤収

夜、トイレに起きてびっくりした。隣のサイトがもぬけの殻。夜中に撤収していったのだ。でも寝るときはしっかりテントもタープもあったのになぁ。

翌朝と言ってもまだ暗い4時半。雨は激しく降っていた。ラジオやネットで確認すると、間違いなく中部地区に上陸する気配である。このまま待っても状況は改善することなく悪化するだけと判断した。そこで、明るくなったら荷物を炊事棟へ移動させ、このサイトから撤収することにした。炊事棟に入ってしまえば、雨がどんなに降ろうがゆっくり撤収出来る。幸い、こちらの炊事棟を使用するサイトはうちだけだ。
5時ようやく明るくなり始めた。雨は激しく降ったり、時折弱くなったりを繰り返していた。雨が弱まった合間を見て、テーブルやイスを炊事棟へ運んだ。次にテントを運んだ。幸いランブリ3はそれほど大きくないのでそのまま二人で運ぶことができた。リビングシェルはアウターをたたまず、そのまま丸めて炊事棟へ。と言うような事を繰り返し、サイトを撤収したのだった。最後に車を炊事棟横につけて第1段を完了。すべては炊事棟のなかにあるので、後はゆっくり撤収ができる。6時半だった。

ここで軽く朝食を取りながら台風情報を確認した。どうやら台風は豊橋付近に上陸後飯田をめざしているようだ。予想コースは日本列島の中央部分を示していた。想定外だ。雨はますます強くなってきた。

炊事棟に持ち込んだ荷物を車に積み込み、先程出てきた管理人さんに挨拶をしてキャンプ場を後にした。ここまでくると台風の影響で高速が通行止めになることが心配だった。キャンプ場を出ると安曇野ICから上信道経由で自宅に向かった。ラジオからは引き続き台風情報と被害状況が流れていた。
途中で台風が過ぎ去ったのであろう、東京は曇から薄日が差していた。いやぁ、今思えば大変なキャンプだったのだ。
(と言うわけで写真は少ないんです。まったく余裕がありませんでした。ふぅ〜。)


おしまい

|
|

« 20130907-9:沼田と尾瀬(みたび尾瀬) | Main | 20130928-29:秋の駒出池(駒出池キャンプ場) »

「キャンプ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/58251046

Listed below are links to weblogs that reference 20130914〜16:秋の須砂渡キャンプ(憩いの森オートキャンプ場):

« 20130907-9:沼田と尾瀬(みたび尾瀬) | Main | 20130928-29:秋の駒出池(駒出池キャンプ場) »