« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

April 21, 2013

20130413-14:本栖湖キャンプとちょっとだけ登山

■サイト確保!!

春を通り越して初夏の陽気が漂う今日この頃。陽気に誘われソロキャンプに出かける事にした。場所は前回、天候が不順で断念した富士山は本栖湖湖畔である。
本栖湖湖畔にはいくつかキャンプ場がある。その中でも通年開いているのが、今回利用した浩庵キャンプ場である。ここは本栖湖湖畔と一段高い林のサイトがある。富士山が本栖湖越しに真っ正面に見えるキャンプ場なのである。当然、人気もあり早くから多くの人が訪れていた。サイトはすべてフリーサイト。だから早い者勝ちなのである。

今回は自宅を6時過ぎに出発し、途中で買い出しを済ませキャンプ場に着いたのは9時前だった。受付を済ませサイトに下りると、既に湖畔側にはいくつかのテントが張られていた。さっそくサイト探しである。うまい具合に湖畔よりの林の中に空きスペースを確保できた。林の中、ソロには十分なスペースだ。ランブリソロとミニタープを設営し、今回のサイトは確保!! その後もどんどん車が入ってきてサイトを探していた。

Img_0953

Img_0999

今回のサイト。本栖湖湖畔より一段高い林の中のサイトです。

Img_0954

林のサイト全景

今回利用する浩庵キャンプ場は、以前FCAMPのオフで訪れたことがあった。真冬に行われた親父ソロオフに参加したのだった。そう、10年以上前だ。その頃は、炊事場やトイレも古かった記憶がある。しかし、いずれもすっかりリニューアルされていた。これならファミリーも抵抗ないはずだ。

Img_0955

手前が炊事場、奥がトイレ。

■お札の富士山

本栖湖から眺める富士山はお札のモデルになったことで有名だ。旧5000円札と1000円札にそれぞれ富士山が描かれている。これは、写真家の岡田紅陽氏が撮影した写真がモデルになっているそうだ。(題名:湖畔の春)
その撮影場所である展望台へ登ってみることにした。本栖湖から富士山を撮影する場合、有名なポイントは湖畔にある展望台(いつも車が止まっている所)が有名だが、その撮影場所はそこから山を登ること約30分。中ノ倉展望地と言うところである。トイレの横にある登り口から急坂を登る。登り切った所からしばらく尾根道を行くとその展望地がある。途中はしっかりと看板が出ているので迷うことは無い。

Img_0966

展望地からは林が開け富士山と本栖湖が真っ正面に望める。すばらしい景色だった。

Img_0969

Img_0970

カメラを構えた先客が居た。三脚を立て、どっかりと富士山と相対していた。おそらく夕方のシャッターチャンスまで粘るんだろうなぁ。
自分は景色を堪能するとパノラマ台へ向かったのだった。


■ちょっとだけ登山(パノラマ台)

今回、このキャンプ場を選んだとき、近くに登れる山が無いか調べた。すると湖の対岸にある本栖湖キャンプ場から登る竜ヶ岳のコースがあった。しかし、設営を済ませてしまうとキャンプ場から車を出すのが面倒になってしまった。では、ということで地図を眺めていると富士山展望台から精進湖へ続くコースがあった。その先にはパノラマ台があった。せっかくなのでパノラマ台へ出かける事にした。コースは厳しい所もなく気持ちよく歩くことができた。途中、雪におおわれた南アルプスや八ヶ岳を望むことができた。パノラマ台に着くと一気に景色が開けた。富士山や青木ヶ原樹海、精進湖、本栖湖などが見渡せるのである。なかなかの景色だった。

Img_0979

Img_0978

20130413map

今回のコース


■富士山

キャンプ場は本栖湖の湖畔にある。サイトからちょっと下れば湖畔である。そこから眺める富士山もすばらしかった。

Img_3864

Img_3870

翌朝は5時過ぎに目が覚めた。さっそくカメラを担いで湖畔に出た。

Img_3882

やがて東の空に太陽が昇ってきた。

Img_3887

Img_3890


■撤収は素早く

日が昇ると風が出てきた。軽く朝食を済ませると、早速撤収である。時折強くふく風に難儀しながら撤収を完了した。時間は9時過ぎだった。それからは紅富士の湯によって道志道を使って帰宅したのである。
今回は富士山を堪能したキャンプだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

April 13, 2013

日本一

日本一
只今、富士山とにらめっこ中。(笑)

本栖湖から登ったパノラマ台の眺めです。気持ちいい〜。

今日は本栖湖畔でキャンプです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)
|

« March 2013 | Main | May 2013 »