« 20121118:iPad mini | Main | 20121216:奥多摩 大岳山 登山 »

December 29, 2012

20121123-24:冬の清里と薪ストーブ

■さぁ、今日は?
車の中で目を覚ます。天気は良くない。今にも降り出しそうだ。
今日はどこへ行くか決めていない。なんとなく「今日のキャンプは清里で」くらいしか決めていなかった。さぁ、どうしよう。

車を道の駅から出発させ、24時間営業のスーパーへ向かった。まだ薄暗い。ここで食材とお酒を入手すると、清里に向かって車を走らせた。途中からポツリポツリと雨が降り出した。清里に向かう途中で「北相木・南相木」の看板を見た。何となく南相木方面へ行きたくなった。昔、南相木のキャンプ場や日帰り温泉に来ていた。それからお蕎麦屋さんも。それらがどうなったか見てみたくなったのだ。まずは滝見の湯へ行ってみた。当然、まだ営業時間前なので誰もいないが、周辺にはいくつかの滝があり、その一つに降りてみた。紅葉は既に終わっていたが、なかなかの景色だった。

Img_0179

こんな滝がいろいろあります

そうそう、滝見の湯の近くにあるお蕎麦屋さん「蕎麦仁」も健在だった。残念ながら今回は寄ることが出来なかったけど。

■行っては行けない?南相木ダム
せっっかくなので、今まで行ったことのない南相木の奥へ行ってみることにした。南相木ダム方面である。東電が管理するダムだそうで、アプローチの道路もしっかり舗装されている。ダム周辺も公園のように整備されていた。
が、だれもいない。まったく人の気配が無い。山の奥深いところにある整備された空間。そして誰もいない。なんだか長くは居たく無い感じがしてきた。ちょっといやな気持ち...。
後はネットで検索してみてください。そのときはこんな事まったく意識しなかったのだが、それに続く出来事を思うと...。行かなければ良かったかも。場所自体は良さそうなんだけどね。
タブン、人が多くいれば楽しい場所なんだろうけど...。

Img_0183

南相木ダム

Img_0186

こんなに整備されているんだけど...

Img_0189

ダムの下側

■飯盛山 ちょっとトレッキング
ダムを下りると野辺山へ向かった。天気が多少回復してきたのでライトトレッキングをすることにした。場所は飯盛山である。車を獅子岩に止めると出発の準備をした。車はほとんど止まっていない。風が強く寒い。登る人も少ないのだ。
八ヶ岳は雲に被われていた。富士山も残念ながら望むことは出来なかった。途中から空全体が雲に被われてきて、ますます寒くなってきた。そそくさと山を駆け下りてきたのである。

Img_0203

登り始めた時の八ヶ岳

Img_0210

まんなかが飯盛山

Img_0214

山頂にて

Img_0220

下山のときの八ヶ岳、雲でいっぱい

■相次ぐトラブル、そして最後は
駐車場に戻ると丘の公園キャンプ場へ向かった。キャンプ場には、この時期にしては多くの人が入っていた。自分はお勧めのサイトへテントを張ることにした。これがまさか最悪の結果になるとは思いもせず。
今回はちび薪持参である。この時期の薪ストーブは本当に暖かい。温泉に入り、ストーブにあたりながらお酒を飲むなんて最高である。

Img_0223

ちび薪持参

辺りが暗くなってきたのでランタンに火を灯した。明るいなかに薪ストーブの炎が暖かさを増していた。ふと、ランタンを見るとマントルが裂けかかっているのが見えた。このままではまずいと思い、ランタンの火を消しマントルを交換することにした。ランタンが冷えたところで、カバーを外そうとネジを回すがビクともしない。散々トライするもまったく動かなかった。そこで管理棟まで出かけペンチを借りることにした。ペンチで何とかネジはゆるんだが、今度はナットとねじ山が食いつかずネジが締まらなくなってしまった。いろいろトライしたが結局ダメ。辺りは真っ暗。気持ちもすっかり落ち込んでしまった。その夜はしかたなく予備のガスランタンで過ごした、明るさは比べるまでもなく、薄暗い中で過ごしたのである。

翌朝、気分一新。朝食を取ると薪ストーブで充分に暖まってから撤収を開始した。
今回はソロの割には装備が多いが何とか撤収を完了し、最後に忘れ物が無いかバックをして確かめようとしたときだった。ドーン...。320千円が消えた瞬間だった。(;´д`)トホホ…
意気消沈しながらも、気分転換が必要と温泉に入り食事も取ってから帰路についたのである。

翌日の連休最終日、夜に仕事の連絡が入り急遽大阪へ向かう事になったのである。既に新幹線には間に合わず、翌日の始発に乗るために新幹線最寄り駅周辺で泊まることになり、慌ただしく家を出て行ったのである。その後はいろいろあって落ち着いたのは二週間後だった。

おしまい

|
|

« 20121118:iPad mini | Main | 20121216:奥多摩 大岳山 登山 »

「キャンプ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/56417858

Listed below are links to weblogs that reference 20121123-24:冬の清里と薪ストーブ:

« 20121118:iPad mini | Main | 20121216:奥多摩 大岳山 登山 »