« 20121105 デジカメ更新 | Main | 20121118:iPad mini »

December 28, 2012

20121110-11:初冬トレッキング in 小海

またしても山の話題でスイマセン。(^-^;
今更ですが、11月に行った八ヶ岳の麓トレッキングの投稿です。

***

今回はいつもの山なのだがキャンプじゃない。ホテルなのだ。そう、ツレと一緒の初冬のトレッキングなのである。場所は、いつもキャンプで訪れる駒出池の近くである。さぁ、どうなることやら。

Img_0010

今日の八ヶ岳

■高見石
朝、自宅を出発して向かったのは白駒池。ここに車を停め、周辺をトレッキングするのである。駐車場には11時前についた。さすがにこの時期、車は少ない。そういえば麦草峠を越えるこの道は近々冬季閉鎖になるはずだ。空気はとっても冷たかった。
用意を済ませると、さっそく高見石小屋をめざして出発である。小屋まで50分ほどであるが、せっかくなのでゆっくり歩いた。すれ違う人もなく、天気も上々。まったくもって気持ちよかった。

高見石小屋に着くと、その後ろにる高見石へ登った。岩がいくつも重なり合って積み立てられたところだ。慣れないと足がすくんでしまう。

「私、ここで良いよ。登ってきていいから。」
「だめだめ。それじゃぁここに来た意味ないいんだから。」
「だって、怖いんだもん。」

そんなツレをなだめながら、なんとか石の上まで登らせたのである。
眼前に素晴らしい景色が広がった。白駒池を真下に、そのむこうに佐久平と浅間がよく見えた。何度来ても良い景色だ。これを見てほしかったのだ。

「ふぁぁ。す、ご、い。」
「うん。すごいよね。」

今日は紅葉の黄色いベルトがはっきり見え、よりいっそう素晴らしい景色だった。

Img_7662

こんな岩場を登ります

Img_0027

もうちょっとで登り切ると...

Img_0026

登り切ると目の前はこんな景色

Img_7666

えっへん!!

景色を堪能すると高見石からおり、別の道で白駒池へ向かった。今度は下るだけ。でも、登山道にある大きな石に結構難儀したのである。
白駒池で遅い昼食を取った。すでに山小屋はクロースしていて訪れる人も少ない。風もめっぽう冷たく、日影ではつらい。冬が近いのである。
数日後に高見石小屋周辺は雪が降り30cmほど積もったとの情報を得た。

Img_0035

白駒池にはうっすらと氷が

■頭が入っちゃう!
白駒池を後に、八岳の滝を見に行った。稲子湯方面に入った所にある。途中、リエックスのスキー場の上から眺める景色が素晴らしかった。茶色く染まった木々の一体を被い、その向こうに山々が見えるのだ。すかさず車を路側帯に入れカメラを構えた。すると、後ろの方で「頭がはいっちゅう」って声が聞こえた。どうやら、カメラを構えている人の前に出たようだった。しかし車を停めたのは、先行して止まっていた車とはずいぶん間隔をとって停めたつもりだ。きっと、かれらの構図にはいってしまったのだろう。写真を撮ると、さっさとその場を後にしたのだった。
失礼しました!!

Img_3475

黄金の世界?

その後は、滝を見に行き、ゆっくり写真を撮った。だれも居なかったし誰も来なかったから。

Img_3484

八岳の滝

Img_3493

■やっぱりホテルは...
滝をみた後、いよいよホテルに向かった。といっても、いつも日帰り温泉として利用しているところだ。チェックインを済ませると、ウェルカムラウンジでお茶を頂き、それから部屋に入った。次は温泉である。歩いて冷えた体を温めるために温泉へ向かった。ゆっくり暖まると冷たいビールが待っていた。最高だよね。
夜は洋食のコースにした。窓から暗くなったなかにライトアップされた庭を眺めながらの食事だ。自分たちで作る必要はない。暖かい所でおいしい食べ物とお酒、たまにはこんなのも良いかもしれないね。

Img_0042

Img_0045

Img_0047

高原のチャペル

■牛にひかれて善光寺参り
ホテルをチェックアウトすると、今にも降りそうななか小諸へと向かった。前日ネットで調べた紅葉ポイントへ行くのである。ホテルから一時間ほどの布引観音である。
車を停めると支度を済ませ登り始めた。ここ、布引観音は崖に沿って作られた参道を15分ほど登らねばならない。しかし、その参道の紅葉が素晴らしいのだ。登り始めると道は黄色の紅葉で埋め尽くされる。木々も紅葉ですばらしい。そんな道を登っていくとやがて崖に張りつくようなに建てられた観音堂が見えてくる。さしずめ京都の清水寺のようだ。ここ、布引観音は布に引かれて善光寺参りで有名な所でもある。

Img_0075

紅葉の道

Img_0092

紅葉の木々

Img_0079

観音堂

ここで、十分紅葉を楽しんだ後、小諸の丁字庵で蕎麦を食べてから帰宅した。
たまにはこんな旅もいいかもしれない。

おしまい

|
|

« 20121105 デジカメ更新 | Main | 20121118:iPad mini »

「トレッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/56412216

Listed below are links to weblogs that reference 20121110-11:初冬トレッキング in 小海:

« 20121105 デジカメ更新 | Main | 20121118:iPad mini »