October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 20120904 eTrex30 導入 | Main | 20120929 赤岳・横岳・硫黄岳 »

September 30, 2012

20120908-09 尾瀬 (ちょっとだけ紅葉)

■まだ暗いぜぇ〜

前日は大阪出張だった。本来ならば前日に沼田まで出かけるつもりだったが断念。朝、早く出かけることにしたのだ。
3時過ぎに目覚ましのアラームで目を覚ました。家を出たのは4時だった。あたりはまだ真っ暗だ。とりあえず、沼田をめざすのだった。


■晴れ、これぞ尾瀬

今回のコースは、鳩待峠から山ノ鼻を経由し尾瀬が原に入る。そして東電小屋を通り元湯山荘へ向かう。翌日は見晴、竜宮を経由し山ノ鼻へ、そして鳩待峠へ戻るのである。

20120908map

今回のコース (eTrex30で記録)

駐車場から鳩待峠までは乗り合いタクシーだ。愛想のよくない運転手の運転するタクシーで鳩待峠へ向かった。鳩待峠へ降り立つと、人の少なさにビックリした。以前6月に訪れた時は、雨にもかかわらず鳩待峠は多くの人で一杯だった。それが、今日は閑散としているのである。同じタクシーで下りた人たちがいるだけだ。6月は水芭蕉の時期だからだろうか。トップシーズンとの違いは歴然としていた。

用意を調え、鳩待峠を出発した。7時半過ぎだった。鳩待峠から山ノ鼻まではくだりである。と言うことは、帰りはここを登ってくるのである。ツレが心配していた。そう、今回はツレと二人なのである。ひとりのときみたいにガツガツ歩く必要はない。二人で話をしながらゆっくり歩いた。幸い、道はほとんど歩く人もいない。ゆっくり歩くのになんの問題もなかった。

それにしても空が青い。すっかり太陽が昇り、夏のような日差しがさしている。そのなかに見える至仏山は眩しかった。山ノ鼻でしばし休憩をとると、研究園を歩き、いよいよ尾瀬が原に入った。ますます空は青くなり、至仏山や燧ヶ岳もはっきりと見えてきた。湿原にまっすぐのびる木道と青い空、これが尾瀬だ。あまりの景色の良さにいろんな所で休憩しながら今夜の宿泊地である元湯山荘へ向かったのである。

Img_7442

これぞ尾瀬!! 気持ちいいぃ〜

Img_3071

人もそれほど多くは無い

Img_3074

今回もお目にかかれました。美味しい料理も彼らのおかげです。


■いろんな出会い

いろんな出会いというと、人との出会いを想像すると思うが今回はちがう。
まず、平滑の滝での出会いである。ツレが言った。
「ねぇ、そこそこ。そこにいるよ。」
「なにが?」
「ヘ、ビ。」
「どこどこ? ねぇ、どこさぁ?」
「そこだよ、そこ。」
指さすところをよく見ると木にとぐろを巻いていた。自分は蛇が大嫌いだ。写真で見るのさえ鳥肌が立つ。それが目の前にいるのだ。参った。早々にその場を立ち去ったのである。

Img_3136

まさかこんな所に...

二つ目は、夕食前に何気なく山荘の部屋から外を見たところで遭遇したのだ。それはまるまると太った牡鹿だ。なにげなく見下ろした所に草を食べる鹿がいた。これがなかなか大きい。我々が食事から戻るとその姿はなかったが、ずいぶん時間をかけて食べていたのは事実だ。これが鹿の食害なのかもしれない。

Img_3146

目があってしまった?

最後は、翌日の尾瀬が原に流れる川でだ。透明な流れのなかで泳ぐ魚が見えた。はっきりと泳ぐ姿が見えた。いくつかの川で魚を目にすることができた。

Img_3156

よく見るとわかりますよ

やっぱり、尾瀬は自然が濃いのだ。まぁ、熊に出会わなかったのはよしとしよう。


■温泉

今回宿泊に使用したのは元湯山荘というところ。尾瀬温泉という温泉のある山荘である。と言っても温度が低いので加温しているのだが。
尾瀬は小屋にお風呂があるのが良い。石鹸のシャンプーは使えないが汗を流せるだけでもありがたい。そして、風呂あがりのビールも最高だった。
今日は定員の半数程の入りでゆっくり過ごすことができた。これも今の時期だからだろう。トップシーズンではそうも行くまい。


■今日も晴れ

翌日も空は晴れ渡り気持ちいい気候だった。7時過ぎに山荘を出発し見晴、竜宮を経由して山ノ鼻へ向かった。途中でお茶を沸かして景色を楽しみながら歩いたのである。人が少ないからできるんだけど...。

Img_3173

紅葉もぼちぼちです。

昨日と今日で約20km程合歩いているが、そんな気がしない。爽やかな気候と素晴らしい景色の性だろう。
鳩待峠から向かう登りで多少難儀したものの、なんとか12時に鳩待峠に着くことができた。それから乗り合いタクシーで戸倉へ戻ると、近くの戸倉温泉で汗を流してさっぱりし帰路に着いたのである。

今回の尾瀬、最高だった。ツレも尾瀬っていいねぇ〜って言い放しだ。今度また行こう。


<今回出会った花たち>

Img_3062

Img_3063

Img_3067

Img_3068

Img_3100

Img_3103

Img_3159


« 20120904 eTrex30 導入 | Main | 20120929 赤岳・横岳・硫黄岳 »

トレッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 20120908-09 尾瀬 (ちょっとだけ紅葉):

« 20120904 eTrex30 導入 | Main | 20120929 赤岳・横岳・硫黄岳 »