« 20120616-17:尾瀬 (1日目) | Main | インターナビ3G »

June 24, 2012

20120616-17:尾瀬 (2日目)

以前から一度は行ってみたいと思っていた尾瀬。行こうと思うと希望する小屋が満員だったりして、なかなか行動を起こせなかった。水芭蕉も終わりかける頃、なんとか予約が取れたので出かけてきた。天気予報は雨だったけど...。

6月17日(2日目)

■燧ヶ岳と至仏山

雨の中、小屋を出るとまずは東電小屋へ向かった。東電小屋分岐からしばらく進んだところで振り返ると、雨の中に燧ヶ岳が姿を見せていた。ようやく目にすることが出来た全景だった。しかし、わずかな時間でガスに被われてしまった。相変わらず雨は降っていた。時折、強くなったり弱くなったりを繰り返していた。
今日は天気が良ければアヤメ平を経由して鳩待峠へ抜けるつもりだった。そう、山側のコースを取るつもりだったのだ。しかし、朝からの雨にすっかり意欲をなくしていた。まずはヨッピ橋まで行き、そこから竜宮へ向かう事にし、その後は尾瀬ヶ原を歩くことにした。
竜宮まで来ると、徐々に雨が弱くなってきた。
(ひょっとして昨日の天気予報が...)

竜宮から牛首分岐へ向かう途中、右側に休憩スペースがあった。ここに入って一番隅の休憩スペースまで行くと、なんと雨があがってきたではないか。そして振り返ると後ろには燧ヶ岳が、そして目の前には至仏山がはっきりと姿を見せたのである。さっそく、リュックからデジイチを取り出した。

Img_2554

至仏山

Img_25971

Img_2570

燧ヶ岳

Img_2580

Img_2592


■やっぱり天気がよくなきゃ

その後は、ぐんぐん天気が回復していった。まずは、途中で雨具のジャケットを脱いだ。そして、デジイチを首から提げて歩いた。風が気持ちいい。目の前に広がる湿原の景色も最高だ。遠くに燧ヶ岳と至仏山が見える中、薄日が差し始めた木道を歩くのは昨日とは大きな違いだ。
(これぞ、尾瀬!!)
木道から写真を撮りながら歩いていると、むこうから背の高い荷物を担いだ若者が歩いてきた。歩荷だ。山小屋への荷物はヘリで運ぶケースが多くなったとはいえ、尾瀬にはまだまだ彼らががんばっているのだ。

Img_2626

Img_2629

気持ちよく歩いているとあっという間に山ノ鼻についてしまった。ここで再度見本園に入った。ここで雨具を完全に脱ぎ、早いお昼を頂いた。
(やっぱり、外で食べるご飯は美味しいね。)
昨日も見た水芭蕉や天気が回復して花を開いてきたタテヤマリンドウなどの花を見ることができた。やっぱ、晴れだよね。


■最後は登り

山ノ鼻は多くの人で賑わっていた。昨日は休憩所の中が人でいっぱいだったけど、今日は外のベンチが人でいっぱいだ。中学生や小学生の林間学校だろうか、10人程度のグループ毎に分かれて木道を歩いていた。「こんにちは」という声が気持ちよかった。こちらも笑顔とともに挨拶を返すのだった。

Img_2661

人で賑わう山ノ鼻

多くの人で賑わっている山ノ鼻を後に鳩待峠へ向かった。昨日は下りだった道も今日は登りである。登りとはいえ、木道である。まったく問題ない。一時間もかからずに鳩山峠に着いてしまった。

Img_7179

鳩待峠

その後、鳩山峠からは11時50分のバスで戸倉へ下りた。駐車場はほぼいっぱいだった。
車に戻り、荷物を積み込むと、近くの戸倉の湯に入って帰路についた。

初めての尾瀬、なかなか奥が深そうだ。次回は是非、秋に訪れてみたいものだ。
それから燧ヶ岳や至仏山も登ってみたい。是非、もう一度訪れよう。

20120616map

今回歩いたコース


■尾瀬で見た花々

(名前はこれから調べます。)

Img_25791
Img_25891
Img_25911
Img_25941
Img_26011
Img_26471
Img_26541
Img_26551


おしまい

|
|

« 20120616-17:尾瀬 (1日目) | Main | インターナビ3G »

「トレッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/55040846

Listed below are links to weblogs that reference 20120616-17:尾瀬 (2日目):

« 20120616-17:尾瀬 (1日目) | Main | インターナビ3G »