« 春、花咲く春 | Main | 20120408 さくら »

April 08, 2012

20120407 奥多摩 御前山

キャンプに行くつもりだったが、前日からの急な冷え込みで急遽中止。そこで、自宅から簡単に行ける奥多摩のトレッキングに出かけた。
(軟弱なんです、(^-^;)

朝7時前に電車に乗り込み、奥多摩に着いたのは8時前。そこからバスで奥多摩湖へ向かった。電車もバスもそこそこの人だった。(でも、いつもより少ないかも。桜も咲いたようだし...)
奥多摩湖から歩き始めた。今回のコースは、奥多摩湖から御前山へ上り、そこから鋸山を経由して奥多摩駅へ向かうのだ。

20120407map

今回のコース

奥多摩湖〜御前山〜猿橋は以前登ったことがある。そのときは奥多摩湖で雨が降り始め、それが雪になり登山道もそこそこの積雪だった。初めて登る山に何度も引き返そうと思ったけど、ひとり先行する登山者が居たので、それに続く形でなんとか御前山に登った記憶がある。登山道は雪で、山頂も雪におおわれていた。

さて、今回は天気も上々。奥多摩湖も春の日差しに暖かかった。

Img_2166

奥多摩湖からゆっくり登り始めた。御前山への登りはいきなり急な登りで始まる。これが結構つらい。あえぎながら登ること1時間程度、眼下に奥多摩湖を望める場所にでる。これがサス沢山である。もちろん、途中でも奥多摩湖が所々に見えるが、木々に遮られはっきりと望むことが出来ないのである。サス沢山からは眼下にはっきり望むことが出来ると同時に遠くの山々も見ることができる。

Img_2171

Img_2172

ここでしばらく休憩を取ると、さらに奥へ入っていく。奥多摩湖はここまでである。大ブナ尾根という尾根道を更に高度を高めて行き、最後に急な登りを上り詰めると惣岳山山頂である。

Img_2176

惣岳山山頂

ここから御前山はもう少し。山頂の少し手前に富士山が望める場所がある。今回は、残念ながら雲がかかって全容は見られなかった。しかし、ここにはベンチもありタイミングがあえば富士山を眺めながらのランチが楽しめそうだ。

Img_2178

富士山

御前山の山頂で昼食をとった。同じバスで境橋で降りたグループも居た。この頃から北側の空に雲がかかってきた。濃い色の雲、朝方の青い空はすっかり消えていた。空気もかなり冷え込んできた。

御前山山頂から境橋分岐をまっすぐ進み鋸山を目指す。途中、大ダワで林道と交差し鋸山へ一気に上り詰める。このあたりから空が薄暗くなり、さらに登山道も急になってくる。すっかり余裕が無くなりひたすら山を下りるのだった。(よって写真はほとんどありません。)

鋸山から鋸尾根を下り、どんどん高度を下げてくる。やがて、奥多摩の町並みが見えてくるといよいよである。愛宕神社を経由し奥多摩の町へ降りてきた。距離があるものの、変化のあるコースに満足だった。

奥多摩駅の近くのコンビニで缶ビールを買って出てみると、なんと白いものが舞い始めていた。雪である。だんだん多く降ってきた。あわてて駅へ駆け込んだのだった。

Img_6730

ゴーーール!!


|
|

« 春、花咲く春 | Main | 20120408 さくら »

「登山」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/54418734

Listed below are links to weblogs that reference 20120407 奥多摩 御前山:

« 春、花咲く春 | Main | 20120408 さくら »