October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« November 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

December 25, 2011

20111224:裏高尾(陣馬山・景信山・高尾山)トレッキング

東京近郊で手軽にハイキングが楽しめる山として有名な高尾山に登ってきました。
有名な高尾山口から始まるコースではなく、裏から攻めてみることにしました。

今回のコースは、陣馬高原下から歩き始め、陣馬山、景信山を経由し高尾山を目指します。

まずはJR高尾駅から陣馬高原下までバスに乗ります。当日は7:00発の始発バスで出かけました。高尾駅に着くと既にバス停には数人が並んでいました。皆、トレッキングのようです。高尾駅から陣馬高原下までは3〜40分ほどです。途中で数人が降りただけで、ほとんどの人が終点の陣馬高原下までの乗車でした。

Img_6357

今回のスタート 高尾駅

終点、陣馬高原下バス停にはトイレもありました。シーズンには多くのハイカーで賑わうんでしょうね。ここから先は道が細くなるため、大型自動車の通行はできません。だからバスもここまでなのです。ここでしっかり準備を済ませ、歩き始めます。

Img_6360

陣馬高原下バス停

ここからしばらくは舗装路を歩きます。徐々に高度を上げ、和田峠まで約3Km程、舗装路を進みます。途中で山頂へ向かう新ハイキングコースの分岐がありますが、今回はそのまま舗装路を和田峠まで向かいます。
Img_6363

今回は和田峠へ

バス停をスタートして舗装路に飽きてくる頃、ようやく和田峠へ到着します。ここには有料駐車場や茶屋、トイレがあります。当日もすでに茶屋の準備をしていました。
Img_6368

和田峠茶屋

ここからいよいよ登山道の始まりです。茶屋の横にある階段を行く登頂ルートを行きます。その左側には巻き道もあるようですが今回は一気に山頂を目指します。時間にして20分ほどですが結構きついです。
Img_6370

直登ルート

いままでの舗装路とは違い、気持ちいいです。フーフー言いながら登ること20分。山頂に到着です。視界が一気に開けます。すばらしい眺めです。富士山はもちろん、都心の高層ビルや相模湾、江ノ島まで見えるのです。ここには茶屋やトイレもあります。ゆっくり休憩できます。ただ、シーズン中は???。きっと、多くの人で賑わうでしょう。
Img_6373

山頂の茶屋

Img_1643

山頂のモニュメント

Img_1649

富士山も

Img_6372

海に浮かぶ江ノ島

陣馬山で景色を堪能した後は、景信山を目指します。陣馬山から続く尾根道を進みます。急な坂もなく、穏やかな道を進みます。尾根道は気持ちいいです。適度なアップダウンを経て景信山へ到着です。どうやら今回の中間点のようです。ここでも茶屋があり、皆さん、休憩していました。
Img_6378

景信山の茶屋

茶屋の奥の道を進みます。またまた、尾根道を行きます。とにかく安全に歩ける道でした。やがて、小仏峠に到着です。中央高速の渋滞で有名な小仏トンネルの上です。ここからは相模湖と中央高速が望めます。
Img_1663

相模湖と中央高速

いよいよ高尾山が近くなってきました。人も多くなってきました。ここから城山を経由して高尾山です。高尾山は裏から入ることになります。高尾山はこの時期でも多くの人で賑わっていました。
Img_6401

高尾山

あまりの人の多さに、即、下山です。くだりのコースは稲荷山コースです。高尾山にはいろんなコースがありますが、一番景色の良さそうなコースで、一気に下っていきます。60分ほどで下山完了です。
ケーブルカー駅の横に出ました。
Img_6409

ケーブルカー麓駅

ここまで来れば後わずかです。高尾山口まで歩いて完了です。今回のゴール、高尾山口駅に到着です。
Img_6410

今回のゴール、高尾山口駅

今回のコースは距離こそありますが、全体としてなだらかなコースで非常に歩きやすかったです。
安心して歩けるコースとしてお勧めです。ただ、距離はあります。

裏高尾、楽しみましょう。

20111224map

今回のコース


おしまい


December 15, 2011

20111210-11 飯盛山と丘の公園キャンプ

11月に入ると寒い日が多くなってきた。(とは言え、例年に比べたら暖かいのだが...)
近くのアウトドアショップでも暖房器具の展示が目につくようになってきた。先日も駐車場に薪ストーブを出して、コーヒーをサービスするような事をやっていた。薪ストーブの柔らかい暖かさを感じ、冬を実感してきたのだ。
が、そんな冬遊びが頭からはなれず、なんとか薪ストーブを持って遊びに行こうと思っていた。そんなとき、あるキャンプ場のHPに目が止まった。

前日、会社から帰宅するとわさわさと荷物の積み込みを行った。今回も連れは来ずソロキャンプである。それにしては荷物が多い。まぁ、冬遊びには十分な準備が必要だ。凍えてばかりじゃ楽しめないから...。


■やっぱり冬
7時前に自宅を出発。買い出しを済ませ一路目的地へ車を走らせた。中央高速はそれほど車も多くなく順調に流れていた。
長坂インターで下りると、野辺山駅へ車をすすめた。ここはJRで一番標高の高いところにある駅。夏は多くの観光客で賑わうところだ。しかし、この時期、まったく人の姿は見られず、客待ちのタクシーが一台止まっているだけだった。この駅に寄ったのは、電車の時間を確認するためだ。野辺山駅ととなりの清里駅の間にJRの最高地点の存在する。そこで登ってくる電車を見てやろうと思ったからだ。それから今日の第一目的地へ向かった。

Img_6276

野辺山駅


■白い道
今日の最初の目的地は野辺山のベジタボールウィズだ。ここに車を止め、近くの飯盛山へ登るのである。
飯盛山へ登るには、更に近くの獅子岩駐車場が最短だ。事実、多くの人がここに車を止め登っていく。しかし、あまりにも近すぎる。山頂まで1時間そこそこではちょっと物足りない。ということで、もう少し下のベジタボールウィズからスタートすることにした。
ここへ来る間、清里では日影はしっかり凍っていて、道路の一部も凍結したいた。幸い、先週のうちにスタッドレスタイヤに交換済みだ。

用意を済ませると、いよいよ出発である。今日はカメラ用三脚もザックにくくりつけている。天気は上々。八ヶ岳もはっきりと見えている。登山道めざし歩き始めた。

Img_6279

登山口

登山道は白い雪に被われていた。そこに足を踏み入れ足跡を残していく。深い雪ではないが気持ちいい。30分ほどで獅子岩の駐車場に着いた。ここから見える八ヶ岳も素晴らしい。
ここから再び登山道を行く。先ほどと違い道はある程度踏み固められていて逆にすべりやすい。アイゼンを使うほどではないが、慎重に足を進めた。飯盛山に向かう前に平沢山を経由した。ここからも八ヶ岳がよく見える。いや、八だけではなく、富士山や北岳の姿も望むことができた。冷たい風のなかシャッターを切ったのだった。

Img_1422

Img_1423

Img_1424

赤岳 山小屋も見えます

Img_1426

Img_1429

日本一!! 富士山

平沢山をおり、飯盛山に登る。ここで昼食にした。風は冷たかった。体が冷え切ってしまったので下山することにした。さぶっ。


■もう来ちゃったよ
車にもどると荷物を積み込み、JRの最高地点へ向かった。ここで電車を見るのだ。今朝ほど確認した時刻を見ると、まだ20分ほどありそうだ。カメラの準備をし、撮影ポイントを確認していると遠くで電車の音が聞こえた。しかし、時刻表で確認した時間よりずいぶん早い。しかし、音は確実に近づいていた。やがて踏切も閉まった。すると、カーブの先から突然電車の姿が現れた。それもハイブリッド車両だ。あわててシャッターを切った。

Img_1474

ハイブリッド車両


■チビ薪
ハイブリッド車両と遭遇した後、本日の二番目の目的地である丘の公園オートキャンプ場へむかった。受付を済ませると、予約したサイトで設営の開始である。飯盛山山頂より寒くは無いものの、決して暖かいわけではない。凍えながらの設営だ。
今回は暖房と遊びを兼ねチビ薪を持ち込んでいる。もちろん、スクリーンテントの温室化バージョンも一緒だ。ソロでここまでやる?って言われるかもしれないが遊びだから...。

スクリーンテントを含め設営には2時間ほどかかった。設営が完了すると早速火入れだ。最初はちょっと煙いがうまく対流が起こればその後は問題ない。後は適時薪をくべれば暖かい。瞬く間にスクリーンテントのなかは暖かくなった。薪のはぜる音を聞きながら飲むビールは最高だ。冬キャンは止められない。

Img_6295_2


■欠けていく月
今日、12/10は皆既月食が日本の多くの地で見れるのだそうだ。自分も今朝のラジオで知ったのである。なんでも、21時過ぎから始まり23時過ぎに最高の状態になるとのこと。次に見れるのはずいぶん先だという。ならば、なんとしても見てみたくなるではないか。

薪ストーブにぬくぬくしながら、時間を待った。21時30分過ぎ、月が欠け始めた。最初はなかなか確認できなかったが、やがてはっきりと確認できるようになった。ときおり雲が流れ姿を隠すのは愛嬌だが、雲が晴れた夜空に満点の星をバックに欠けた月が見えるのはとっても神秘的だ。やがて、23時すぎには月が隠れた。真っ黒になるわけではなく、うっすらと影が見える。これまた神秘的な光景だった。その後は、冷えた体を薪ストーブで暖め、スクリーンテントの中に設営したソロテントにもぐり込んだ。

Img_1493

欠け始めた月

Img_1532


■締めは
翌日も良い天気だ。太陽の光がスクリーンテントに差し込むと暖かかった。朝食を済ませると撤収の開始である。ソロにしては重装備。撤収を完了したのは10時半過ぎだった。
その後は、となりの温泉でさっぱり。そして、ここの定番、トマトラーメンとノンアルコールビールの昼食をいただいた。今回の締めである。

20111211_115558

冬キャンも楽しいぜ。


20111210map

今回のコース


おしまい

December 11, 2011

撤収完了

撤収完了
丘の公園のキャンプは先ほど撤収を完了。
そのままとなりの温泉でサッパリ。
それから昼食です。
本日の昼食は、トマトラーメンとノンアルコールビールです。

昨晩は月食もはっきり見えて満足、満足。
さぁ、帰りましょう。

December 10, 2011

飯盛山と丘の公園

飯盛山と丘の公園
飯盛山と丘の公園
飯盛山と丘の公園
飯盛山と丘の公園
今日は野辺山の飯盛山に登り、そのまま丘の公園でキャンプをしています。
何となく薪ストーブが恋しくなってチビ薪をもってきました。

今朝は道路が所々凍っていました。
飯盛山は雪があり、えらく寒かったのですが、さすがチビ薪、暖かいです。
さぁ、今晩も冷え込みそうです。

December 09, 2011

雪
昨日から信州・佐久にきています。
昨晩はそれほど冷え込んではいなかったのに…。
うっすらと雪景色。

これから名古屋へ向かいます。

« November 2011 | Main | January 2012 »