« 2011.9.23〜25 初秋キャンプ in 道院キャンプ場 新潟 | Main | 八ヶ岳ナウ »

October 23, 2011

2011/10/08-10:八方尾根と須砂渡キャンプ

2011年10月8日〜10日
須砂渡憩いの森オートキャンプ場

■ぴんころさん

ぴんころさんってご存じですか?
ピンピンコロリの事だとも言われますが、歳をとっても元気で、死ぬときはポックリと、みたいなことを言うようです。で、そんな願いを込めたお地蔵さんがあります。ぴんころ地蔵と言うそうな。

そのひとつが佐久にあるのです。そろそろ老後のことも気になり始める歳???なので、近くを通るついでに寄っていくことにした。(すいません、ぴんころ地蔵の詳しいことはわかりません。間違ってたらごめんなさい。看板の写真みてください。)

Img_1140

詳しくはこちらを。

場所は佐久の野沢。
参道は市が行われていて多くの人で賑わっていた。明らかに年齢層は高い。とても一緒にされたらかなわない位だ。

Img_1138

当日は多くの人で賑わってました

まずはお地蔵さんにお参りをする。まずはお参りすることが大切と、市の人混みをぬってお地蔵さんに対面。しっかりお参りをしときました。でも、すごい人です。この一角だけ、異様な人なのです。両親の分もお参りし、そうそうに目的地へ向かうことにしたのです。だって、やっぱり周りは年齢層が高いし、「一緒にされないぞ」って気持ちもあるし。でも、いずれは...。

Img_1141_2

これがぴんころさん

さて、ドラが鳴って太鼓の演奏が始まった参道を後にしたのでした。

Img_1144

太鼓の演奏も


■またまた須砂渡です

本日の目的地は毎度毎度の須砂渡だ。途中、豊科のモンベルショップでトレッキングギアを買う。トレッキングの休憩時、オケツの下に敷くクッションだ。先日の山岳センターの講習で、あると良いグッズとして紹介されていた。あえてモンベルで買うところがミソ?。実は、このあと食材を買いに行ったベイシアというスーパーにも似たようなものが売っていた。それも380円で...。
(さらに、後日、自宅の近くのスーパーで98円で売っていた。)

サイトは9番だ。予約をミスってしまい、いつものサイトには予約が入ってしまった。まぁ、こちらも良いかぁ。
今回の装備は、リビングシェルとランブリ3の組み合わせだ。それをトンネルで連結するのだ。今回もガソリンの2バーナーは持参していない。まだガスでいけるだろう。

Img_1189

今回のサイト

設営を終えると、ホリデー湯に行った。さすがに連休だけあって、そこそこの人で賑わっていた。
温泉から戻ると、さっそくビールと食事だ。翌日の行き先は先ほどネットで調査済み。先日、ニュースでやっていた紅葉の八方尾根だ。朝早くでかけるので早々に切り上げるつもりが、前日までの出張が効いたのか、そんなのお構いなしにサッサとイスの上で寝ていた。(^-^;


■紅葉の八方池

翌日は5時に目を覚ました。もちろん暗い。
ランタンを点け、出発の準備を始めた。朝食を終え、出発したのは6時過ぎだった。
八方尾根のゴンドラ「アダム」に着いたのは7時半を過ぎていた。お目当ての駐車場は既に満車。もうすこし離れた所に案内され、なんとか車を止めることができた。
アダムには既に長蛇の列。まずは切符を購入するのに40分。乗車するまでに20分。しかし、すごい人だ。ゴンドラは次々と人を運んでいく。

Img_6090

なんと1時間待ち!!

ゴンドラ、リフト、リフトを乗り継ぎ、八方池山荘まできた。ここから、見える白馬三山のすばらしい。また、反対側には鹿島槍も見える。更に眼下には白馬、大町の町並みも望める。ここだけでも十分景色は堪能できると思うんだけど、どうしてもより近くに、よりはっきり見たいんだよね。だから、さらに八方池を目指して足を進めるのだ。

Img_1146

途中のリフトから見える白馬三山

Img_1155

八方山荘の裏から望む白馬三山

登りは傾斜が急なコースをいっきに登る。すぐ息が切れてくるが、なんとか休み休み登る。やがて、第2ケルンに到着する。ここからの白馬三山も素晴らしい。すこしづつダイナミックになっていく。

Img_1158

眼下にはリフトと町並みが

さらに人の列に続いて登ること30分。ようやく八方池が姿を見せた。それほど大きな池ではないが、バックにそびえる白馬槍の姿と相まってとても雄大に見えるのだ。
池が見下ろせる所で休憩。ここで活躍するのがモンベルで購入したマット。なかなか具合が良い。
ゆっくり休憩し、景色を堪能すると、八方池を一周して下山だ。登ってきた道を下りていった。満足感で一杯だった。

Img_1174

姿を見せた八方池

Img_1175

雲がかかってしまった三山と八方池

そうそう、白馬三山に圧倒されっぱなしだったけど、紅葉もそこそこきれいでした。でも、数年前に来たときの方が良かったような...。


■そばでも

この3日間、天気はまずまずだった。撤収も楽々。夜露に濡れたテントを十分乾かすことができた。11時前には撤収を完了。いつもの蕎麦屋に寄っていくことにした。このお店はスーパーの駐車場の一角にあるお店なんだけど、我々のお気に入りだ。
やすい。そして、うまい。だから申し分ない。(自分には)
と言うことで、ここでお蕎麦をいただき、帰路についたのでした。

あっと言う間の3日間でした。次は7月の高山植物が開花する時期に来てみたいと思ったのでした。

おしまい。

|
|

« 2011.9.23〜25 初秋キャンプ in 道院キャンプ場 新潟 | Main | 八ヶ岳ナウ »

「キャンプ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/53061157

Listed below are links to weblogs that reference 2011/10/08-10:八方尾根と須砂渡キャンプ:

« 2011.9.23〜25 初秋キャンプ in 道院キャンプ場 新潟 | Main | 八ヶ岳ナウ »