« July 2011 | Main | September 2011 »

August 2011

August 03, 2011

7/16〜18 夏のキャンプ:道院オートキャンプ場

■キャンプ場はどこ?

今回のキャンプ場は、たまたまネットで見つけたところだ。新潟県の長岡市道院高原にある道院オートキャンプ場という所だ。しかしいろいろ検索したが、口コミ情報は数えるほどなのだ。キャンプ場のホームページも基本情報のみ。つまり、キャンプ場の詳細情報がほとんど無いのである。かなりの不安と期待の混じった気持ちで出かけたのである。
道院高原という一体にあるようなのだが...。

ナビに従って車を進めた。高速は小出インターで降りる。ここで食材の買い出しを済ませておく。なんと言っても、この先は未知なのである。

車はどんどん山のなかへ入っていく。山古志なんて標識がでてくる頃はすっかり山間部である。ナビ通りに進めると、交流館近辺に案内されてしまった。どうも電話番号検索がまずかったようだ。しばし迷ったあげく、観光案内地図を見つけ現在位置を確認した。どうやら、山の裏側からアプローチしているようで、この先の道を進めばいいことがわかった。車一台通れる道を進むこと20分ほどで、やっと道院高原についた。しかし、キャンプ場の入り口が見つからない。何度か往復し、ようやく入り口を見つけたのであった。

管理棟では、まずサイトを決めてきてくれと言われた。お勧めサイトをいくつか聞いてサイトへ向かった。サイトは奥まっていて、車で行く。なるほど、各サイトにはロープで鍵がかかっていて、その鍵がないと車を入れられないようになっているのだ。
お勧めのサイトを確認し、いろいろ迷った末に独立して守門岳の眺めが良いサイトに決めた。

このキャンプ場には区画サイトとフリーサイトがある。車を横付けできるのは区画サイトのみ。で、区画サイトには2種類存在する。電源、トイレや流しも付いたAサイト、電源のみのBサイト。我が家は当然Bである。今回の期間中もAサイトは数組入っていたが、Bは我が家だけだった。

管理棟でサイトを伝えると、鍵を渡してくれる。これでサイトに入れるし、AC電源も使えるようになるのだ。さぁ、設営を設営。

Img_5917

今回のサイト

Img_5920

サイト入口・駐車スペース

Img_5921

他のサイト

Img_5922

トイレ棟

Img_5923

シャワー棟

Img_5926

流し(残念ながらお湯はでません)


■暑い、とにかく暑い

しっかし、暑い。
今年は例年よりずいぶん早く梅雨明けしたせいで毎日気温が高いのである。道院高原も同様だ。標高700m程あるものの、暑さは変わりなかった。設営する間も、暑さは容赦ない。タープを立て日影をつくっても風がなければ東京と変わりなかった。直射日光なんて強い分だけ厳しいのである。ただ、風があるとやっぱり涼しい。でも、ほとんど吹かないんだよなぁ。

設営を終えビールを一気にあけると、たちまち汗として出てくる感じだ。

このサイト、夕方は西日がうまく遮られて良かったのだが、朝日がもろに差し込むのだ。おかげで5時前には暑くてテントから抜け出していた。

Img_0754

こんな暑いキャンプは、始めたばかりの頃にでかけたキャンパス川口以来だなぁ。
あっ、同じ新潟県だ。(*^-^)


■弥彦山とお魚市場

二日目はせっかく新潟まで来たので観光に出かけることにした。

まずは弥彦山。弥彦は20年程前に来た事がある。久々の訪問だった。日本一の鳥居をくぐり、弥彦神社へ車をすすめた。駐車場に車を入れると、神社のお参りを済ませ、それからロープウェイで山頂を目指す。しかし、ここも猛烈な暑さだ。ロープウェイの山麓駅に向かうバスの冷房が心地よかった。

Img_0778

弥彦神社

弥彦山は山頂まで歩いても一時間強で行けるそうで、実際歩いて上る人も多くいる。が、我々はロープウェイなのである。

山頂駅でロープウェイを降りて進むと、とつぜん目の前に日本海と佐渡島が見える。多少霞んではいたものの、佐渡島がはっきりと見えるのである。レストランの上の展望台へあがると、海側は佐渡や眼下の海岸で泳ぐ人たち、山側は広がる平野とその向こうに山々が見えるのである。なかなかの景色に見とれてしまった。

Img_0805

向こうに佐渡が見えます。

Img_0796

眺めは抜群!!

Img_0786

眼下には海水浴場も

その後のしばらく散策をしてからロープウェイで降りた。山麓駅では登りを待つ乗客の列がながく続いていたのにはビックリ。

車に戻り、次に向かったのはシーサイドライン。海沿いを走る道路だ。そこを寺泊に向けて走った。途中のビーチでは多くの人たちが海水浴を楽しんでいた。
寺泊は言うまでもなくお魚市場が目的だ。ここでBBQの食材を入手するのだ。渋滞のなか、なんとか駐車スペースを確保するとお店に向かった。多くの人でごった返している。暑さと人で嫌になりながら、牡蠣と少々の食材を買い込み退散。とにかく、暑くて暑くって、それでもって人も多い。参った、参った。

後は、ただキャンプ場を目指した。ただ、ナビの示すとおり進んだので、行きに見かけたSnowPeakの看板も見かけることはなかった。
キャンプ場に戻ると、まずはビール。そして海鮮BBQ。
なかなかでした。


■道の駅とちお

最終日も天気は上々。暑さも変わりない。多少吹く風が少しはマシ。朝食を済ませると、さっそく撤収だ。大汗をかきながらの撤収になったが、さすがに広いサイトで片づけやすく、9時前には完了。
それからシャワーで汗を流し、チェックアウトは10時前だった。

その後、道の駅「とちお」へ向かった。お土産を買うためだ。
昨日は閉まっていた野菜の直売所をのぞいてみた。野菜や民芸品が販売されていた。なかにペットボトルに入れられた小さな魚が目にとまった。なんと「めだか」だった。さらに、他のペットボトルにはドジョウも売られていてビックリ。
目の前で、メダカを買っていくおじさんがいたっけ。

道の駅で買い物を済ませると、後は一路自宅へ向かった。高速の小出インターまで1時間ほど。その後は2時間ほど。
なんだか遠いようで近い。

今度は是非、秋に訪れて見たいところだった。だって、空いてるしね。
そうそう、来年には近くに温泉もできるそうなので、益々期待できるね。


おしまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« July 2011 | Main | September 2011 »