« 夏かしら? | Main | 7/2〜4:台湾旅行 (第2日目) »

July 24, 2010

7/2〜4:台湾旅行 (第1日目)

■きっかけ

昨年の10月に勤続30年を迎えた。会社の規定では10日間の休暇が与えられる。これを翌年の10月までに消化しなければならないのだ。
で、いろいろ考えた結果、近場の海外旅行となった。これならばエコノミーの窮屈な空間に10時間近く乗ることも無い。目的地は万博開催中の上海も候補にあがったが、混雑と万博だけが中心になりそうなのでパス。韓国は昨今の北との問題でパス。香港はすでに数回出かけているので...。最後に浮かんだのは台湾。で、7/2~4の2泊3日のツアーに決定。さぁ、行き場所は決まったぞー。


■出発から遅れ?

7/2は午前便搭乗のためチェックインは7時40分までと指定されていた。それに間に合わせるため、最寄り駅の始発に乗り、成田エクスプレスに乗り込んだ。成田第2ターミナルには7時20分頃の到着だった。
旅行会社のカウンターで搭乗チケットを受け取り、そのまま航空会社のカウンターでチェックインを済ませた。この時点で7時30分。搭乗開始は9時10分の予定だ。いつも思うことだが、この時間が長い。仕方ないことはわかっているのだが...。
軽い朝食をとってから出国手続きを済ませた。後はもうやることは無い。搭乗時間を待つだけだ。
9時を過ぎるとようやく搭乗が始まった。と言っても、我々エコノミーの搭乗は一番最後。ようやく席に着きワクワクしながら離陸を待つのだった。

Img_3954

これが出発便

ようやくゲートを離れ、いよいよ離陸の手続きが開始された。搭乗ゲートを離れた地点で停止し、エンジンの出力を上げたりして最終チェックが行われていた。が、なかなか離陸滑走路へは向かわない。しばらくすると機長からメッセージが流れた。英語なので完全にはわからなかったが、どうやらトラブルが発生し、地上クルーを含めて検討が必要になったのでゴメンゴメンといったようなものだった。で、機は出発ゲートに戻ってしまったのだった。
それから、待つこと2時間。ようやくトラブルが解決し離陸する事になったとアナウンスがあった。その間、狭いエコノミーのシートに座りっぱなし。う~ん、幸先が良いのかも??? トラブルが事前に解決したんだから...。


■マンツーマン ガイド

飛行機は2時間ほど遅れてタイペイに到着した。予め申し込んでおいたオプショナルツアーはとうに出発時間を過ぎていた。入国手続きを済ませ、ちょっぴり心配しながら集合場所へ向かった。そこにはガイドさんが我々の到着を待っていたのだ。同じ飛行機でこのツアーに参加する人は居ないようで、我々が到着するとすぐに車の手配をしてくれた。そう、今回のオプショナルツアーは我々専用となったのだ。後日、聞いた話だが、他の空港から集まった人たちは、我々の到着を待ったが遅れが著しいので先に出発したとのことだった。
空港の出口にはVWのバナゴンが横付けされ、それに乗り込むと我々二人に運転手とガイドさんの4人で九份へ向かったのだ。
我々のためにガイドさんがいろいろ案内をしてくれる。もちろん、質問にも即答えてくれるのだ。いやぁ、満足満足。

九份へは高速を利用して向かうのだが、なかなか混んでいる。車が多いのと走り方がマチマチなのだ。一番左側の車線をゆっくり走っている車がいたり(台湾は車は右側)、ジグザグに走っていく車がいたりと。我々の運転手君もなかなかのもので、バナゴンを巧にあやつり車をパスしていくのである。ちょっとスリルがあったけどね。

Img_3957

九份の通り


九份へ到着するとひととおり案内され、その後『千と千尋の神隠し』のモデルになったと言われているお茶屋さんでお茶を頂いた。勿論、我々だけである。ガイドさんは写真を取ってくれたり、通訳をしてくれたり、まったく至れり尽くせりだ。

Img_3973

ここがモデルになったお茶屋

Img_3967

台湾茶を頂く


遠くに海が見えるお茶屋さんでお茶を楽しんだ後、再び九份の通りへ出てみた。先ほど気になっていた名前をデザインした絵を描いてくれるお店に出かけた。日本語はしゃべれないがなんとなく伝わり、自分の名前をデザインした絵を書いてもらった。その場で見事に書き上げていくのである。たいしたものだ。

Img_3978


その後は時間まで九份の通りを行ったりきたりした。ちょっと匂いが鼻につくが、なかなか面白いところだった。でも暑い。


■夜市

ホテルへ行く間に、ガイドさんから提案があった。明日、夜のスケジュールが決まっていないのならば台湾オペラはいかがですかと言うものだった。勿論、予定なんてあるはずも無い。何でも、金曜日と土曜日だけしかやっていないと言う。オペラと言われ、理解できるか不安ではあったが、せっかくの提案である。興味を引かれたのも事実である。お願いすることにした。夜の食事と送り迎え付である。

ホテルへチェックインを済ませたのは18時過ぎ。それから台湾で有名な夜市へ出かけることにした。地下鉄を使って最寄り駅まで出かけるのである。地下鉄は大変きれいで安心して乗車できる。駅もきれいである。なんでも飲食は禁止されていて罰金まであるようだ。乗車券はすべてIC化されていて、カードとトークンで運用されていた。

Img_3986

券売機

Img_3988

自動改札


目的の駅までは地下鉄で数駅。駅を出ると、通りの向こうは人には大勢歩いていた。そこが夜市なのだ。通りの左右はいろんなお店が軒を連ね、それらを冷やかしながら多くの人々が歩いている。アメ横に近い雰囲気なのだが、お店のほとんどは若い人向けのファッション系のお店で、残念ながら自分たちにはまったく興味が無い。しばらく歩いては見たものの、暑さと人の多さで引き上げることにした。

Img_3992

夜市

Img_3994

iPhone3GSも売ってました

Img_3995

人でいっぱい


帰り際、駅の前にある市場ものぞいてみたが、こちらも多くの人たちがテーブルについて食事をしていた。一種独特な雰囲気にすっかり圧倒されてしまった。だって、日本じゃかんがえられないもの。こんなな暑いところで、食事をするなんて。なんとエネルギッシュなこと。ただただ、びっくりしてしまった。

Img_3997

市場

そんなこんなで一日目は終わったのだった。


  台湾旅行:7/2 1日目
       7/3 2日目
       7/4 3日目

|
|

« 夏かしら? | Main | 7/2〜4:台湾旅行 (第2日目) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/48962866

Listed below are links to weblogs that reference 7/2〜4:台湾旅行 (第1日目):

« 夏かしら? | Main | 7/2〜4:台湾旅行 (第2日目) »