« インターナショナルフェア | Main | 10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/10 須砂渡渓谷) »

October 04, 2009

10/3〜4 駒出池キャンプ(今年最後の駒出池)

■雨の中のトレッキング


20091003
今回のコース

今日のコースは、天気を考慮し、駐車場~麦草峠~丸山~高見石~中山~にゅう~白駒池~駐車場とした。麦草峠まで来ると雨が降り始めた。丸山へ登る道は林の中を行く。雨に湿った苔が緑色に輝いている。そんな中をシトシト降る雨の中、歩き続けたのである。林の中は場所によって薄暗く、不気味に感じる時もある。ただただ、一歩一歩足を進めるのだった。


Img_2719
登山道。苔がきれいでしょ。

急に明るくなり丸山の山頂に到着した。視界は全く効かない。霧が流れ細かな雨が降るだけだ。丸山の山頂に丸山神社という小さな神社がある。ここにお賽銭を上げ、本日の無事を祈った。その後は一気に高見石まで下ったのである。
高見石も丸山同様、まったく視界が効かない。本来ならば、眼下に白駒池や雲海が望めるのだが、本日は白い霧に被われたままである。


Img_2716
本来ならば、この向こうには白駒池が...

登ってきた人が言っていた。

「今日は人が少ないですね。」

そうなのである。天気さえ良ければ、この時期はちょうど紅葉と重なり多くの人で賑わうのだ。しかし、今日は全くと言っていいほど人と会わない。
高見石から中山山頂を目指す。相変わらず細かな雨が降り続いている。中山には山頂手前に展望台があり、そこからの眺めはなかなかのものである。が、今日は全くダメだ。ほとんど視界が効かない。おまけに霧が流れ、髪の毛やメガネが濡れてくる。そう、じっとり濡れてくる感じなのだ。
ここもそうそうにパスし、中山を下山した。ここからはニュウを経由して白駒池を目指すのだが、登山道のところどころに水がたまり、歩くのさえ難儀だ。ニュウへの分岐からニュウ方面へ降りていくと益々道は荒れてきた。足を取られないように慎重に下っていった。

ニュウが近くなってくると空が明るくなってきた。時折、青空も見えてきた。
(なんだよ、回復するって遅いじゃん。でも、良いかぁ、晴れれば。)
と、急に足取りが軽くなってきた。
ニュウに着くと、さっそくてっぺんへ登った。ちょうど霧が晴れた瞬間で、歩いてきた方面がよく見えた。しかし、相変わらずその上の天狗岳方面は雲に被われていた。ようやく見えた景色に見入っていると、またたくまに霧に被われてきた。ここで昼食をすませると白駒池へ降りていった。


Img_2739
霧が晴れた。今下りてきた山である。

Img_2740
でも、あっという間に...

■紅葉が映える白駒池
この時期、落ち葉で埋め尽くされた道を歩くのはとても気持ちが良い。サクサクとした心地よい音は言うに及ばず、踏み出す度に足に伝わってくる柔らかい感触は最高だ。
そんな道を白駒池へ降りてきた。先程から雨はあがっていた。白駒池では多くの観光客が訪れ、紅葉を楽しんでいた。毎度のことだが、対岸の紅葉はすばらしい。これで、バックが青い空ならば申し分はない。でも、贅沢は言うまい。今年もこの景色が見れたことで十分だ。
毎年、この時期は一足早く紅葉を見ようとする人たちで大変混雑するのだ。天気が良くなれば駐車場へ入る車で渋滞が出来るほどなのだ。


Img_2782
ほら、きれいでしょ。

Img_2783
対岸の紅葉

■今夜のサイト
白駒池で紅葉を楽しんだ後、今夜の宿泊地である駒出池へ向かった。白駒池から下るにつれ天気も回復してきた。青空も見えてきた。駒出池では既に数組がテントを張っていた。いつものサイトはいずれも先客あり。しばし考え、湖畔の駒出池の看板近くに設営した。ここならば、近くのテーブルやイスが使える。
天気はすっかり回復していた。シャワーを浴びると、まずはビールだ。渇いた喉を潤すと、最近はやりのハイボールへ切り替える。後は薄暗くなっていく景色を楽しみながら飲むだけだ。実に良い時間だ。


Img_2786
既にできあがっていたりして

■中秋の名月
辺りがすっかり暗くなった頃、ラジオで本日が中秋の名月のあることを知った。天気が回復してきたとは言っても、まだ薄雲がかかり星も見えなかった。今晩はだめかなぁと思っていると、東の空が妙に明るくなってきた。明らかに雲に隠れた向こう側に灯りがあるのが解った。しばらくすると、その雲も少しずつとれてきた。すると、そこに現れたのはまん丸の月だった。辺りが明るくなったようだ。いや、明るかった。
ウサギが餅をついているのがよく見えた。(ウソ)
なんだか、とっても得したような気持ちになれたのだった。
月はその後、すぐに雲に隠れてしまったけど...。


Img_2801
これが限界ですね。普通のデジカメじゃ

■秋晴れ(終わりよければすべてよし?)
翌日は明るくなった5時に目が覚めた。テントから顔を出すと、空は明るく晴れていた。すばらしく良い天気だ。朝日が気持ちいいのだ。今日は白駒池はすごい人だろうなぁ~。

朝日の中、ゆっくり朝食を取ると、まずは夜露に濡れたテントを乾かした。それからタープなどをしっかり乾かしてからの撤収だ。やっぱり、天気がよいときの撤収はいい。
その後、リエックスの湯でさっぱりして帰宅の途についた。
なんだか今日の晴天がもったいなかった。

もうちょっと遊びたかったぜ。
駒出池来年また来るぞぉぉ。

Img_2805

|
|

« インターナショナルフェア | Main | 10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/10 須砂渡渓谷) »

「キャンプ」カテゴリの記事

Comments

相変わらず素敵なキャンプしてますね。
羨ましい!

Posted by: ELVIS | October 13, 2009 at 12:25 AM

いやぁ〜、おはずかしい。
相変わらず、こんな事やってます。
今度は是非一緒に。

Posted by: けんち | October 14, 2009 at 10:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/46405796

Listed below are links to weblogs that reference 10/3〜4 駒出池キャンプ(今年最後の駒出池):

« インターナショナルフェア | Main | 10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/10 須砂渡渓谷) »