« 10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/10 須砂渡渓谷) | Main | 沈まぬ太陽 »

October 12, 2009

10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/11 八方池 10/12撤収)

■白馬・八方池
二日目は白馬の八方池へ行く予定だった。昨年、やはりここから栂池自然園へ出かけ、その紅葉のすばらしさを管理人に伝えたら、八方尾根も良いよって言われていたのだった。で、事前に調べたら、栂池と同様にゴンドラで登っていくと、トレッキングコースがあることがわかった。栂池の紅葉があまりにもすばらしかったので、是非こちらも行ってみたいと思っていた。だから、絶対に二日目は晴れてもらわないと困るのだ。

混雑を想定してなるべく早くゴンドラに乗りたいと思っていた。だから、朝は5時に起きた。もちろん真っ暗。空には星が出ていた。天気は良さそうだ。朝食を取っている間に明るくなってきた。朝食を取ると準備を済ませ、まだ静かなキャンプ場を後にした。6時30分だった。

白馬についたのは7時半を過ぎていた。幸い、ゴンドラ乗り場の近くの駐車場に止めることができた。準備をしてゴンドラ乗り場へ向かった。乗り場には既に列が出来ていた。チケットを購入し列に着いた。(往復一人2600円なり。)


Img_2842
これがゴンドラ

そうそう、列の中に異様におおきな荷物を担いでいる人たちがいた。荷物の大きさや形状から登山でないことは明らかだった。でも、何なのかはまったく解らなかった、途中までは。
ゴンドラの途中でゲレンデに多くの人がいた。ゴンドラが近づくにつれて、よく見えてきた。皆のパラグライダーの準備をしていたのだ。装備を広げ、テイクオフの準備をしている。そう、先程見かけた大きな荷物を背負った人たちはパラグライダーを担いでいたのだ。


Img_2858
テイクオフを待つ人々

ゴンドラを下りると、次はリフトである。4人乗りのリフトに乗って更に登っていく。こんどはゴンドラと違ってフルオープンだ。開放感が違う。だって、風を直に感じるんだから。1本目のリフトを降りたところが長野オリンピック女子滑降のスタート地点なのだ。ここから山越にかすかに白い山々が見えた。白馬三山だ。ここから続けて2本目のリフトに乗った。益々、高度を上げていくのだ。周りの木々はすっかり紅葉していた。2本目のリフトを降りたところがトレッキングのスタート地点だ。標高は1800メートル。スタート地点からは、先程の白馬三山がはっきり見えた。さきほどよりはっきりとである。


20091011
今回のトレッキングコース

既に多くの人たちが登ってきていてコースは所々列になっていた。我々もさっそく歩き始めた。登りは木道コースを進むことにした。歩き始めると、白馬側の町並みは真っ白なガスに被われ、まったく見えなくなってしまった。淡々と木道をすすんだ。ちゃんと整備されたコースなので歩きやすい。順調にコースを進み、やがて第2ケルンに到着した。ここから先もコースには人の列が続いている。その列に続くように我々も足を進めた。やがて、尾根を越えると、そこが目的地の八方池だった。写真では大きく思えた八方池だが、実はとても小さな池なのだ。標高2000メートルにあるんだから、当然と言えば当然だけど...。ここから眼前に白馬三山が望める。まったく障害物なしにだ。すごい迫力だ。皆、感嘆の声を上げていた。


Img_2867
眼前に望める白馬三山

八方池を一周した。カメラを抱えた人たちが多い。どうやら八方池に写る白馬を撮っているようだ。我々は白馬を正面に見れるところで休憩。とっても雄大な景色に満足しながらコーヒーをすすったのでした。


Img_2890
八方池を望む


Img_2891
八方池全景

下りは、木道コースとは異なるコースをリフト乗り場へ向かった。振り返るとまだまだ登りの列が続いていた。岩が多いコースを下り、なんとかリフト乗り場までたどり着いた。乗り場はまだまだ登ってくる人たちで混雑していた。そんななか、我々は下りのリフトに乗り込んだ。下りですっかり体が落ち着いてきたところに下りのリフトである。寒いこと、寒いこと。下から吹き付ける風がよけいに寒さを増す。2本目のリフトでは寒さのあまり震えてくるほどだった。でも、眺めは最高だったけど、さむい!!


Img_2919
下りリフト。とにかく寒い。

2本目のリフトを降りゴンドラに向かうところでキノコ汁の看板を見つけた。こんな体が冷えたんじゃ飲まんわけに行くまい。と、ほとんどキノコの入っていないキノコ汁を頂いた。まぁ、暖まったからよしとしよう。
ゴンドラで麓に降りたのは12時過ぎだった。あの白馬の景色を見れただけでも最高のトレッキングだった。去年の栂池と違った楽しみがあるトレッキングだった。満足感を持ってサイトへ戻ったのだった。

■撤収は最後
最終日も朝から良い天気だった。こんな良い天気、しっかり乾かして撤収をしようと、アウターを乾かし始めた。しっかりパッキングもしようと作業をしていると、上のサイトから声をかけられた。
「また、会おうね。」
「おう、また会おうな。」

我々の撤収が終わったのは11時。他のキャンパーはすべて帰っていた。管理棟で挨拶を済ませ帰路についたのだった。

■渋滞の中央
帰りのコースもナビ任せ。コースは中央高速を使うコースだ。でも、絶対に渋滞するだろうと、いつもの関越のコースと迷ったがナビを信じ、そのままのコースで行くことにした。
高速ははじめは順調に流れたが、おきまりの渋滞ポイントではしっかり渋滞に巻き込まれた。でも、八王子を出たのは3時前。やっぱり、このコースは正解だったようだ。

こうして秋のキャンプは終了した。このまま冬眠するのは早いよなぁ。

つぎ、次はどこ行く?

|
|

« 10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/10 須砂渡渓谷) | Main | 沈まぬ太陽 »

「キャンプ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/46531073

Listed below are links to weblogs that reference 10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/11 八方池 10/12撤収):

« 10/10〜12 須砂渡キャンプ (10/10 須砂渡渓谷) | Main | 沈まぬ太陽 »