« コスモス街道 | Main | 8/29-30 駒出池キャンプ (8/30) »

August 29, 2009

8/29-30 駒出池キャンプ (8/29)

■霧の登山
目を覚ますとまだ辺りは真っ暗だ。時計を見ると午前4時。昨晩は道の駅の駐車場で泊まったのだ。さっそくテントをたたみ出発である。

道の駅を出て24時間営業のスーパーへ行った。ここで今日と明日の食材を仕入れ、松原湖の駐車場へ向かった。ここでは天気は最高、青空と太陽の光が眩しかった。朝食を取ると白駒池の駐車場へ向かったのだった。


Img_2327

麦草峠へ向けて登るにつれて天気は変わってきた。先程までの太陽はすっかり姿を隠し、空は厚い雲に覆われてしまった。駐車場に車を入れると、外は風が強く吹き寒さを感じるほどだ。登山と思われる車は一台も停まっていなかった。一瞬、「やばっ、今日は止めようかなぁ」と思ったほどである。
天候を考慮しコースはいつものコース、麦草峠~茶臼山~縞枯山~ロープウェイ山頂駅~五辻~麦草峠とした。麦草から見る茶臼山は雲に覆われていた。
登山道をゆっくり登り始めた。薄暗い林の中を徐々に高度を稼いでいくと前方に一人の登山者がいた。途中で一緒になったときに話をした。茅野から来たそうで、朝は暑いくらいの晴天だったと言っていた。
彼をパスして茶臼山の山頂へ着いた。展望台は風と霧?、雲の中だった。吹き付ける霧にまったく視界がきかない。足下もガスのなかだ。そうそうに引き上げ、縞枯山へ向かった。
こちらも展望台は強い風と霧。まったく展望が効かない。展望台の岩の上にいると、岩全体が揺れてきそうなくらいなのだ。(ちょっと大袈裟。)


Img_2341

山頂から降り始めると途中で何人かの登山者とすれ違った。雨池峠まで降りてきて振り返ると、今登ってきた縞枯山が見えた。が、それも一瞬。次に見たときは霧に覆われて山の存在すら解らないほどだ。縞枯山荘もかすんでいた。


Img_2357

その後は、ロープウェイの山頂駅を経由して五辻を目指した。このころから薄日がさしてきた。途中の展望台からの眺めはすばらしかった。ようやくいつもの景色を見ることができた。
麦草峠へ戻ると、やはり茶臼山は霧のなかだった。車に戻り、今夜の宿泊場所である駒出池キャンプ場へ向かった。


■今夜は1号サイト
駒出池キャンプ場へ向かう道はひどい霧だった。ヘッドライトを点けゆっくり下っていった。幸い、キャンプ場周辺に来ると霧は晴れ、薄日がさしていた。受付を済ませサイトを決めた。既に湖畔サイトには先客がいた。そこでその上のフラットなところを今回のサイトとした。1号サイトは先客と自分の二組だけだった。
テントを設営すると薪を集め、その後シャワーで汗を流した。さっぱりしたところでビールをあけた。のどを潤すビールがたまらない、止まらない。


Img_2380

辺りは暗くなってきた。たき火を始めるとほんのりとした暖かさが気持ちよかった。しばらくすると、とうとう雨が降り始めた。激しく降るわけではない。どうもやみそうもないのでタープに入り込んだ。すると、とたんに睡魔が襲ってきた。我慢ができずテントに潜り込んだのだった。まだ、7時半だったけど...。
翌朝目が覚めたのは、5時半だった。よく寝たなぁ~。

|
|

« コスモス街道 | Main | 8/29-30 駒出池キャンプ (8/30) »

「キャンプ」カテゴリの記事

Comments

9/5~6で、中央アルプス木曽駒ヶ岳に行きますよ~。

Posted by: いけ | August 30, 2009 at 02:26 AM

まいどhappy01

木曽駒ヶ岳ですか。凄いですね。
がんばってね。scissors

今回は雨の撤収でした。すべてビッショリ。
参りました。でも、やっぱり駒出池良いです。

Posted by: けんち | August 30, 2009 at 03:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75493/46061404

Listed below are links to weblogs that reference 8/29-30 駒出池キャンプ (8/29):

« コスモス街道 | Main | 8/29-30 駒出池キャンプ (8/30) »